e-シートT[紫外線硬化型FRPシート]e-シートT[紫外線硬化型FRPシート]

Information

2019.08.01
2019年8月号の月刊積算資料P265に広告を掲載しました。
2019.08.01
2019年8月号の月刊建設物価P193に広告を掲載しました。
2019.07.12
ホームページをリニューアルしました

は じ め に

歩道橋などの鋼構造物の劣化は、耐荷性能の低下につながります。
物理的な断面欠損や過大な外力・繰り返し疲労による減肉のほか、
腐食による局部的な減肉は応力の集中を引き起こし、断面性能を著しく低下させます。
本製品は、鋼を腐食させる有害な腐食性ガスや
塩分に対するバリア機能に加えて高い水密性能を有しており、
鋼構造物を長寿命化させるための適切な予防保全に最適な製品です。
また、公共工事において多数の採用実績が有り高い評価を得ています。

防食事例:歩道橋
防食事例:歩道橋
防食事例:跨線橋
防食事例:跨線橋
防食事例:人道橋
防食事例:人道橋

製品概要

特長

耐食性

『e-シート』は鋼を腐食させる要因である酸素・水・塩分をシャットアウトし、鋼構造物の長寿命化に貢献します。

JIS A 1404-1994に準拠した透水試験実施
JIS A 1404-1994に準拠した透水試験実施
JIS K 5600 7-1準拠した塩水噴霧試験実施
JIS K 5600 7-1準拠した塩水噴霧試験実施

■e‐シートの耐薬品性能

分類 薬品名 濃度(%) 結果 試験条件
無機酸 硫酸 30 <試験方法>
各薬品に7日間浸漬(常温)
JIS K 7114に準拠

<判定>
①外観:著しい変化がないこと
※目視
②強度保持:80%以上
硫酸 10
硝酸 50
※変色
硝酸 10
塩酸 38
塩酸 10
燐酸 85
有機酸 無水酢酸 100
クエン酸 10
塩基
塩類
その他
アンモニア水 25
塩化ナトリウム 10
過酸化水素 30
苛性ソーダ 40
苛性ソーダ 10
次亜塩素酸ナトリウム 10
炭酸ナトリウム 20
植物油  

判定:判定方法は当社社内基準。
本データは当社の試験によるものであり、実際の使用条件等により適性が変わります。
試験結果は参考資料としてご活用ください。

薬品名 濃度(%) 結果 試験条件
蒸留水 - <試験方法>
各薬品に5時間浸漬(60℃)
JSWAS K-2に準拠

<判定>
①外観:著しい変化がないこと
②質量変化率
 ±0.3%以内であること
塩化ナトリウム 10
硫酸 30
硝酸 40 ×
苛性ソーダ 40

JSWAS K-2:日本下水道協会規格 下水道用強化プラスチック複合管 試験方法に準拠

安定した品質

国内自社工場で製造しており、ムラやピンホールを排除した均一で安定した製品提供のほか、
施工箇所に合わせたカスタマイズもできるため幅広い現場で施工が可能です。

国内製造工場
国内製造工場
ピンホール試験風景
ピンホール試験風景
当社所有インストロン
当社所有インストロン
万能引張試験機(最大250kN)

優れた施工性

現場で樹脂を配合することがなく、下地にあわせて貼り付け、
紫外線(太陽光)を当てるだけで簡単に強靭なFRPを形成することができるため、工程の簡略化が図れます。

環境負荷低減

特定化学物質(第二類物質:スチレン)が含まれていないため、安全に作業を行うことができるほか、
VOC(揮発性有機化合物)を含まない環境に優しい製品です。

※「e-シート」は環境負荷の低減に取り組んでいます。
※厚生労働省が指定する特定化学物質を含んでいません。
※4VOC基準値に適合しています。
※JWWA K-149 溶出量試験を行い、基準値を満たしています。
※食品衛生法食品・添加剤の一般合成樹脂溶出量試験溶出基準値を満たしています。

使用例

歩道橋や人道橋(跨線橋、跨道橋含む)などの鋼構造物面を防食

歩道橋での使用部位

歩道橋での使用部位歩道橋での使用部位

施工手順(要約版)

施工手順(要約版)施工手順(要約版)

製品規格/価格表

品 名 規格品 ㎡単価
e-シート 
ES-300T
環境対応 紫外線硬化型FRPシート 500×1000mm×厚1.0mm(0.5㎡/枚) 34,400円/㎡
e-シート 
ES-600T
環境対応 紫外線硬化型FRPシート 500×1000mm×厚1.5mm(0.5㎡/枚) 43,000円/㎡
e-シート 
ES-900T
環境対応 紫外線硬化型FRPシート 500×1000mm×厚2.0mm(0.5㎡/枚) 53,800円/㎡

※価格が改訂する場合があります。
※上記サイズ以外に、現場に合わせた任意のシートサイズでの提供が可能です。

技術資料

機械的特性

項 目 単 位 特性値(強度) 試験方法
引張強さ MPa 77.7 JIS K 7164準拠
引張弾性率 GPa 7.7 JIS K 7164準拠
曲げ強さ MPa 193 JIS K 7017準拠
曲げ弾性率 GPa 9.8 JIS K 7017準拠
シャルピー衝撃強さ kJ/㎡ 59 JIS K 7011-1準拠
バーコル強度 - 54 JIS K 7060準拠
耐摩耗性(摩耗輪GC150H) mg 113 JIS K 7204(60RPM、9.8N)
引張せん断接着試験 MPa 73 JIS K 7054準拠
付着強さ(対鋼板) MPa 56 垂直引張接着試験

※上記の特性値は代表値であって、保証値ではありません。

熱的特性

項 目 単 位 特性値 試験方法
荷重たわみ温度 280以上 JIS K 6911準拠
線膨張係数 (×10-5/℃) 2.32 JIS K 7197準拠(TMA法)
燃焼性試験 - 防炎1級 JIS A 1322 準拠 供試体:鋼板に接着

電気的特性

項 目 単 位 特性値 試験方法
電気絶縁性(絶縁破壊強さ) kV/mm 42.7 JIS C 2110-1準拠

環境特性

項 目 単 位 特性値 試験方法
ホルムアルデヒド放散量試験 mg/L 0.1以下 F☆☆☆☆ 適合 JIS A 1460準拠
4VOC放散速度試験 μg/(㎡・h) 3未満(7日)基準値適合 小型チャンバー法
食品・添加剤の一般合成樹脂溶出量試験 - 基準値適合 食品衛生法
JWWA K-149 溶出量試験 - 水道用コンクリート水槽内面
FRPライニング材料適合
日本水道協会

促進耐候性試験

試験名称 結 果 試験条件
促進耐候性試験
サンシャインカーボンアーク灯式
照射時間(hr.)
  500 1000 2000 3000
強度
保持
外観 やや黄変 黄変
<装置条件>
試料面放射照度(w/㎡):255(±10%)
BPT:63℃±3
水噴射:120分間照射中に18分間
照射時間:最大3000時間
<判定>
①外観:著しい変化がないこと
②曲げ強度保持率:60%以上

判定:判定方法は当社社内基準。

「プラスワンサービス」の提供

シートのカスタマイズ

お客様のニーズに合わせたシートにカスタマイズします。

紫外線照射器の提供

e-シートTを硬化させるための紫外線照射器の販売を行っております。

e-キュア UVライト
e-キュア UVライトe-キュア UVライト

NETIS

e-シートは新技術情報提供システム(NETIS)に登録されております。(NETIS登録番号:KT-170088-A)
NETISのトップページより「新技術の検索」からキーワード「e-シート」で検索しますと
情報を閲覧することが出来ます。

NETIS ホームページ

よくある質問 Q&A

Q&A[PDF]

CADデータ、材料承認雛形をお求めのお客様は
下記の問い合わせフォームで必要資料を明示して
お問い合わせください。

〉 問い合わせフォーム

e-シートTの各種カタログや施工要領書、
安全データシートなどは、
以下よりダウンロードいただけます。

〉 カタログダウンロード

ページ上部へ